アップルペンシル立てを自作したい。

ども、はせをです。

 

 

あれ?

どこだー?

どこいったー?

 

といざ使おうとすると、アップルペンシルが無くて

まず探す。

そういう人いるんじゃないでしょうか?

 

あと、充電する時のちっこいヤツもすぐ行方不明になる。

はい、じぶんのコトですね(;^ω^)

 

と言うことでアップルペンシル立てを購入しようとAmazonを検索しようとしたんですが…

 

立てるだけなのに金を出すなんてっ

と思いスマホの画面を静かに閉じました。

じぶんには出せません、そんなお金。

むりです、もったいないお化けが出てきます。

 

でも使う時に

毎回探すのは時間のムダだし…

 

そんな困っている、じぶんの目の前に

Amazonダンボールが。

f:id:HASEWO:20170908091841j:image

 

Amazonダンボール(以外アマ段さん)は

「困ってんのか?

オレ、ダンボールだぜ?

ペン立てに加工すること出来るんじゃねぇか?

お前になら出来るさ。

その為ならこの身、捧げてもいいぜ。」

そう言っている気がしたので作ることに決めました。

 

「ありがとう、アマ段さん…」

 

では初めていきましょう。

 

完成図は…

じぶんの頭の中にあります。

 

用意したものは、

アマ段さん

メラミンスポンジ

カッターなどの刃物

カッターマット

定規

鉛筆

ボンド

クリップ

 

では、つくるよ!

 

 

アマ段さん

い、いくよ?

 

「あぁ、いいぜ。」

 

アマ段さんはイケメンさん設定だな、

声は結構渋めの声優さんにアテレコしてほしいな。

そんな事を考えながらカットしていきました。

 

で、こんな感じになりました。

 
f:id:HASEWO:20170908092128j:image


f:id:HASEWO:20170908092142j:image

アマ段さん、ズタズタです。

 

では組み立ていきましょう。

 


ボンドを塗って、重ねてペタペタ。

 

f:id:HASEWO:20170908092225j:plain

f:id:HASEWO:20170908092248j:plain

できた。

これは一旦置いといて…

 

もう一個の方を組み立ていきます。
f:id:HASEWO:20170908092349j:image

ボンドつけて、


f:id:HASEWO:20170908092408j:image

 くっつくまでクリップで止めて

 
f:id:HASEWO:20170908092427j:image

メラミンスポンジをいれて、ボンドつける。
f:id:HASEWO:20170908092458j:image

そして、くっつける!
f:id:HASEWO:20170908092520j:image

と、穴開けてなかったことにここで気づく。

 

穴を一生懸命開けまして…
f:id:HASEWO:20170908092555j:image

 こんな感じになりました。

 

で、さっき重ねてペタペタしてたものを真ん中の穴にドッキングして…

 

 

ドーンっ!

 
f:id:HASEWO:20170908092708j:image


ドドーン!


f:id:HASEWO:20170908092826j:image
こうして充電も出来るようになってるよ。

簡単ですね(^q^)

 

我ながらなかなかいい物が出来たかなと思います。

 

アマ段さん改めアマペンさん、

これから暫くよろしくお願いします(^q^)